仮想通貨の今をお伝えする、
仮想通貨ラジオの平谷です。

今日は仮想通貨の定期積立について
ご質問頂きましたので、お答えさせていただきます。

★動画でのご視聴はこちらより

●質問

こんばんは。はじめまして。
いつもyoutube動画拝見して、勉強させてもらってます。

最近、仮想通貨に興味を持ったばかりで、投資等も未経験です。

質問させてください。
ドルコスト平均法と言う積立て方法を知り、ザイフで積立てをしていますが、国内の販売所や取引所で扱っていないアルトコインで気になる銘柄があるので、海外の取引所に登録して、そのアルトコインを積立てしたいと考えてます。

そのアルトコインはBTC/ETH/USDで購入する事が出来ます。
私はBTCで購入したいのですが、BTC自体もほとんど持っていません。

この場合、ドルコスト平均法の正しい積立て方は下記A・Bのどちらなのでしょうか?

例えば、1年間、毎月1日に1000円ずつ積み立てるとします。

A「12000円分のBTCを一括で購入し、そのBTCを12分割して、毎月アルトコインを購入する。」

B「毎月1000円分のBTCを購入し、そのBTCでアルトコインを購入する。」

数年間は積立てを継続したいので、Bの方法が良いのですが、Bの方法でもドルコスト平均法になっているのでしょうか?

お忙しいところ、申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い致します。

読みにくい文章を長文で失礼致しました。

●回答

ご質問ありがとうございます。

ビットコインを用いて
海外取引所のアルトコインを
積み立て投資されたいという事ですね。

まずドルコスト平均法を知らない方の為に、ご説明させていただきますが、
まこの投資法は簡単に言いますと
「毎月、安いときに多く買い、高いときは少しだけ買う」というものです。

あくまで私ならこうする!
という事なのですが、
他の投資ならば基本的に「円」で積み立て投資されると思うのですが、

今回の場合「ビットコインでアルトコインを積立投資」というのが条件になりますので、私ならばAの「12000円分のBTCを一括で購入し、そのBTCを12分割して、毎月アルトコインを購入」にします。

なぜならば仮想通貨は今現在、
右肩上りの市場ですので、
ビットコインは常に値上がりしているような状態ですから、
私ならばそうするのですが、
Bの投資法でしたらBTCを買い、
すぐにアルトコインを買うパターンですと、BTCが値段の変動の影響を受けないので、堅い投資はできるかなと思います。

ただしドルコスト平均法は、
「高い時は少なく買う」が前提ですので、
Aの投資の方がBTC自体の価値も上がる可能性もあるのでは?と考えられますのでお得感はありますね。

堅く行くならB、
右肩上の変動を楽しむならA、

こういったイメージになると思いますが、
ドルコスト平均の投資に近いのはBの方になりますかね(^_^;)