仮想通貨大百科の平谷です、
今回は最近、多発している
仮想通貨のハッキング防御策について
お話しさせていただきます。

●動画はこちら

基本的に仮想通貨の
取引所に登録した時に
みんな短いパスワードを設定しすぎです。
そして二段階認証していません。

めんどくさいのはわかりますが
大金を投資しているのであれば
この2つは特に必須です。

この2つの要素がないものは
すぐにハッキングされてしまいます。

つまりあなたの貴重な財産を守るためには

  • 二重認証を設定する(グーグルに二段階認証機能を利用してください。)
  • パスワードを32文字にする(複雑な32文字にしてください。)
  • オフライン上でメモに保存する(パソコンでオンラインに繋がる場合はメモ帳保存はいけません)
  • ウォレットもきっちりセキュリティをかける
  • 転売のハードウォレットは初期化して使う(本来であれば新規で正規の店で購入するのが望ましい)

いま仮想通貨の取引所は
セキュリティも甘く
また法律上の取り締まりも
あいまいな状態だと思います。

ですので、自分の身は自分で守る
これを意識してくださいね。