平谷です、
仮想通貨における「利確」の部分、
これはいったいどこからが「利確」なのか、
はっきりさせておきたいところですよね。

初心者の方のために書いておきますが、
「利確」とは利益が確定した状態の事を言い、
この「利確」に対して税金がかかることになります。

★動画でのご視聴はこちら

税金の種類としては、今のところ、
仮想通貨で得た利益は雑所得として扱われるようです。
こちらの記事「仮想通貨の税金は長期譲渡所得?雑所得?」もあわせてご参考にしてください。

以下の事は、全く反対の意見もありますが、
どうやら「ビットコインとアルトコインの間のトレード」も
利確になるようです。

どういう事かと言いますと、
例えばアルトコインで得た利益が20万、
その20万でビットコインを購入した場合は、
「20万円の利確」という事になるそうです。

JPY=日本円に換えた場合のみ利確というわけではないので、
この辺は注意が必要そうですね。

初心者の方は「ビットコインとアルトコインの違い」の記事もお読みください。

しかし、ビットコインの利確に関しては
さっきも言ったように全く反対の意見もあり、

今のところ定まっていないのが現状でしょう。

そしてビットコイン=BTCで買い物した場合も、
利確に入るそうです。

含み益で増えた利益に関しては、
円として売らない限り利確にもならないみたいです。

税金には詳しくありませんが、
国税庁のHPと、
私なりに取得した情報をもとに、
ブログ記事を書かせてもらっておりますので
この記事に関しては、
100%正しいかはわかりません。

また税理士と国税庁の意見も
全く違う事がありますので、よくわからない…とも
言ったところでしょう。

もし間違いがありましたら、
ラインアットの方まで連絡いただると嬉しく思います。