仮想通貨ステーキングについて

 

ステーキングとは!!

 

仮想通貨で稼ぐ事の1つです。

購入した通貨の価格変動で収益を得るのではなく、

仮想通貨を一定期間保有(預け入れ)する事により、

継続的に報酬を得ることをいいます。

この記事ではステーキングのメリットやデメリット、やり方などを簡単に解説します。

 

預けるだけで報酬(金利)が貰えるという点では銀行の、

預金とよく似ていますが利率が全く違いステーキングの方が高いです。


GMOコイン 年利 3~6%
銀行    年利 0.01%

その差は歴然としています。

 

ステーキングのメリット!!

 

①保有(預入)だけで出来るので低リスク。

②知識がなくても簡単にに報酬が受け取れる。

③銀行より利率が高い。

④仮想通貨の高騰により利益が大幅に変わる。

 

デメリット!!

 

①ロック期間があり自由に資産を動かせない場合があります。
(銀行の定期預金みたいな感じです。)
期間は1週間、30日間、60日間、90日間と様々な期間があり自分で指定する事が可能です。

②海外取引所利用の場合ハッキングなどの被害にあった場合保証がない可能性があります。
(取引所の厳選が重要となります。)

③仮想通貨の暴落で損をする可能性がある。

 

ステーキングのやり方

 

①取引所に登録

②ステーキングに対応しているコインを購入

③購入したコインを一定期間取引所のウォレットに保有

 

おすすめ国内取引所

 

GMOコイン

GMOコインのいいところ

1.セキュリティが高い

2.運営会社が大手で安心

3.スプレッドが狭く、各種手数料が無料

4.口座開設までが早い

5取引専用アプリが使いやすいアルトコインのレバレッジ取引に対応

bitflyer(ビットフライヤー)

bitflyerビットフライヤーのいいところ

1.スマホのデザイン性に優れている

2.bitflyerligheningで高度な売り買いが出来る

3.仮想通貨FX取引が出来る

4.Tポイントをビットコイン(BTC)に交換出来る

5.サポートが手厚い

6.セキュリティ面がしっかりしている

 

coincheck(コインチェック)

コインチェックのいいところ

1.初心者でも使いやすい

2.取り扱い通貨が多数ある

3.最大年率5%の暗号資産サービス(ステーキングが出来る)

4.日本年から仮想通貨を直接購入出来る

5.電気代をお得にする事が可能

 

仮想通貨ステーキングまとめ

 

著者の考えですがステーキングは利率のいい定期預金だと考え

今後高騰が予測される仮想通貨でステーキングを行う事で、

高騰での利益+預入での報酬を受取る事が出来るので大きな利益が期待出来ると思います。

その逆もしかりなので投資は自己責任で余剰資金で行う事を推奨致します。

関連記事

TOP